WEBサービスをiPhoneアプリ化する

iPhoneアプリはさまざまな環境から移植をされていますがが増えているのがWEBサービスからの移植アプリです。

WEBアプリはHTMLとJavascriptなどでクライアントが作成されていることが多いですが、iPhoneアプリにする際にはこのクライアント部分をアプリ化する場合が多いようです。iPhoneアプリはさまざまな開発環境がありますが、WEBサービスを移植する際にはPhonegapとCordovaが良く使われています。


PhoneGapもCordovaもオープンソース型であり、開発が活発な開発環境の一つです。

これらの開発環境はUIをHTML、動きをJavascriptで作成します。

この作り方はWEBサービスのクライアントでも同様であり、フレームワークを共通化してアプリ構築をする方も多いようです。

iPhone6sの発売日に関しての情報が閲覧できます。

Phonegapは主にJavascriptがわかっている方向けに作成されていますが、WEBサービスを作っている開発者ならすんなりとPhonegapのライブラリを使いこなすと言われています。
ネットワークに強いライブラリでもあるので各種サーバへのアクセスやTwitterやFacebookへのログインなどの機能も充実しており、WEBサービスを作った経験があればすぐにアプリ開発にも携われると言われてます。

iPhone6sのスペックの価値ある情報を探してみてください。

また、PhonegapやCordovaはプラグインが充実しており、日々使いやすいプラグインが作られているのもメリットと言えます。

iPhone6sついて詳しく説明しているサイトです。